Google先生が2020年9月からすべてのWebサイトのモバイルファーストインデックス作成に切り替え正式発表

Google先生が2020年9月からすべてのWebサイトのモバイルファーストインデックス作成に切り替え正式発表

2018年3月27日にGoogle ウェブマスター向け公式ブログにおいて、正式にモバイルファーストインデックスの開始すると発表されていました。☟

参考 モバイル ファースト インデックスを開始しますGoogle ウェブマスター向け公式ブログ

2020年9月からすべてのWebサイトのモバイルファーストインデックス作成に切り替え正式発表

そして今回ほぼ3年の期間を得てこの度、すべてのWebサイトのモバイルファーストインデックス作成に切り替えます。とアナウンスがありました。(2020-03-05)

参考 Googleインデックスのサイトのクロールとインデックス登録に関する公式ニュースGoogle ウェブマスターセントラルブログ

記事全文

ウェブ全体のモバイルファーストインデックス作成を発表
2020年3月5日木曜日
Googleがモバイルファーストインデックス作成に取り組み始めてから数年が経ちました-GoogleがスマートフォンのGooglebotを使用してウェブをクロールします。分析から、検索結果に表示されるほとんどのサイトはモバイルファーストインデックス登録に適しています。検索結果に表示されるサイトの70%はすでにシフトしています。簡略化するため、2020年9月からすべてのWebサイトのモバイルファーストインデックス作成に切り替えます。それまでは、システムが準備が整ったことをシステムが認識すると、引き続きサイトをモバイルファーストインデックス作成に移行します。

ドメインをモバイルファーストインデックスに切り替えると、Googlebotのクロールが増加しますが、インデックスをサイトのモバイルバージョンに更新します。ドメインによっては、この変更に時間がかかる場合があります。その後、従来のデスクトップのGooglebotを使用してクロールすることもありますが、検索のほとんどのクロールはモバイルスマートフォンユーザーエージェントで行われます。使用される正確なユーザーエージェント名は、レンダリングに使用されるChromiumバージョンと一致します。

で検索コンソール、モバイル優先インデキシングをチェックするために、複数の方法があります。ステータスは、最新のクロールに関して特定のURLをチェックするときに、設定ページとURL検査ツールに表示されます。

すべてのWebサイトをモバイルファーストインデックス作成で適切に機能させるための当社のガイダンスは、新規および既存のサイトに引き続き関連しています。特に、表示されるコンテンツ(テキスト、画像、ビデオ、リンクを含む)が同じであること、メタデータ(タイトルと説明、ロボットのメタタグ)およびすべての構造化データが同じであることを確認することをお勧めします。Webサイトが立ち上げられたとき、または大幅に再設計されたときは、これらを再確認することをお勧めします。ではURLテストツールデスクトップとモバイルの両方のバージョンを簡単に直接確認できます。クローラーや監視ツールなど、他のツールを使用してウェブサイトを分析する場合、Google検索で表示されるものと一致させたい場合は、モバイルユーザーエージェントを使用します。

モバイルWebサイトのさまざまな作成方法を引き続きサポートしていますが、新しいWeb サイトにはレスポンシブWebデザインをお勧めします。検索エンジンとユーザーの両方からの長年の問題と混乱のために、個別のモバイルURL(「m-dot」と呼ばれることが多い)を使用しないことをお勧めします。

モバイル優先のインデックス作成は、長い道のりを歩んできました。Webがデスクトップからモバイルに進化した様子、およびWebマスターがどのようにクロールとインデックス作成を許可して、ユーザーがWebを操作するのかを確認できるのは素晴らしいことです。この移行をかなりスムーズにするのに役立ってきた長年にわたるすべての作業に感謝します。これらの変更を注意深く監視および評価していきます。ご不明な点がありましたら、ウェブマスターフォーラムまたは公開イベントにお立ち寄りください。

投稿者:John Mueller、Google Zurich、開発者アドボケート

と、いうようなことでこのサイトはモバイルファーストインデックスになっているか調べてみることにしました。

簡単に調べることができるのでご自分の管理されているサイトを調べてみましょう。

モバイルフレンドリーテスト

 

URLを入力しテストボタンを押すだけです。

このサイトの結果は。。

 

ご覧の通りモバイルフレンドリーでした。

正式発表されたわけですから不安のある方はテストで調べてみてはいかがでしょう?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です