クラシックエディタのサポート期間が2022年に延長

クラシックエディタのサポート期間が2022年に延長

WordPressのブログを始めて十数年、当時から慣れ親しんできた「クラシックエディタ」のサポートが2021年に終了。

そんなアナウンスがあってから数年が経過、いよいよ今年には「Gutenberg(グーテンベルク)」か!少々練習して慣れないと思いきや嬉しいニュースが飛び込んできましたね。

なんと・・・

クラシックエディタのサポート期間が2020年に延長されたようです(パチパチ×10)

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。
出典元:WordPress.ORG

参考 Classic EditorWordPress.ORG

しかも・・・

「必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。」

と、いうことは

半永久的?ということかな。

必要なくなるなんてことはないでしょうから。。

これは嬉しいじゃありませんか。

先日も練習していたけど、苦手意識は払拭されず。。

歳を重ねるとどうも新しいことに挑戦するも面倒くさい。ダメですね(笑)

でも、これで安心しました。

Gutenberg(グーテンベルク)は不要になりましたね。削除、削除。

今回はそんなニュースでございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です