Microsoft は Windows 11 を発表 使っている PC が無償アップデートできるか調べてみた

Microsoft は Windows 11 を発表 使っている PC が無償アップデートできるか調べてみた

6月25日 Microsoft は windows 10 のあとの OS に windows 11 を発表しましたね。Windowsは10が最後かと思っていましたが、引き続き11なんですね。少々ガッカリって感じ。

冗談はともかくとして、Windows11がどのようなものかはMicrosoft公式サイトでご覧頂きたいと思います。

今回は、お使いのPCが無償アップデートに対応しているか調べる方法をお伝えしていきたいと思います

. 参考 Windows 11 登場Microsoft 公式サイト

 

Windows 11 のシステム要件

Windows 11はWindows 10からは無償でアップデート可能ですが、果たしてお使いのPCが無償でアップデート可能か調べる必要があります。

Windows 11 システム要件
・プロセッサ 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
・メモリ 4 GB RAM
・ストレージ 64 GB 以上の記憶装置 (32bit はサポートしません)
・グラフィックス カード DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
・TPM: トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
・ディスプレイ 9インチ以上、HD解像度 (720p)
・インターネット接続 Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です

 

自分のPCが最低でもこれだけの要件を満たしているか?初心者には少々ハードルが高いのか?

でも安心してください。

上記のindows 11公式ページ経由でアクセスできる専用チェックツールを使えば判定してもらえます。

早速調べてみることにしましょう。

しかし・・・上記の要件はハードルが高いなぁ~~~

このPCでは無理かもしれない・・・・そんな予感が。。Microsoft に切り捨てられるのかな?

まぁとりあえずやってみましょう。

Windows 11 が動くかチェック!専用チェックツール

Microsoft 公式サイト Windows 11 にアクセスします。少し下がったところの「リリースに向けて」の項目に注目。

手順 1

 

互換性の確認から「アプリのダウンロード」をクリックしてダウンロードしましょう。

手順 2

 

ダウンロードしたファイルをダブルクリックで開きましょう。

手順 3

 

「使用許諾契約書に同意」にチェックを入れ、インストールをクリックします。

手順 4

 

完了」をクリック。

手順 5

 

「今すぐチェック」をクリックします。

手順 6

 

結果が表示されます。

残念ながら実行できません。と表示されてしまいました!予想はしていましたが・・このPCが古すぎたのかな。。(汗)「詳細情報」に進んでみました。

手順 7

 

このPCはwindows11に対応していません。

と、いうようなことで残念な結果になってしまいました。

ちなみにもう一台のPCは

対応OKでした。

最後に・・なぜ対応していなかったのでしょう?

ここまで来ると僕の知識では、これ以上対応ができません。こんなにサクサク動くのに。。

僕の予想が的中!原因は。。要件の中の

TPM: トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0

これです!

このパソコンには搭載されていないのです。

最初からわかっていたのですが。。Microsoft に切り捨てられる方も多いのかもしれませんね。

搭載する方法はあるのでしょうか?

調べてみることにします。

その後、新しいパソコンは対応していたのでホッと一安心。

調べながら、思ったことは無理することはない。7年も使っているパソコンだし、このパソコンにおいては、Windows10のサポート終了の2025年10月14日までは使うことができるのでそれでもいいかな!と思った次第です(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です