只今メンテナンス中

2016年度TCDテーマの売上ランキング 15位~6位

昨日、WordPressテーマ「TCDテーマ」の制作・販売をしているデザインプラスさんからのメルマガで「2016年度TCDテーマの売上ランキング 15位~6位」の発表がありましので、このブログをお読みいただいている読者様にも共有したいと思います。
[s_ad]

デザインプラスさんからのメルマガより

■15位 Reviewer (TCD026)
デモサイト
アフィリエイターに絶大な人気を誇るテーマ。
この世にアフィリエイト向けのテンプレートは星の数ほどありますが実際、比較サイトをいくつも作ろうと思った時、これほど便利なテーマは他にないでしょう。
アフィリエイトの分野はとにかく競争が激しい市場です。
だからこそ、サイトの価値に重点を置く必要があるわけですが、それに加えて、サイトの数もそこそこに必要です。
5つも6つも比較サイトを持つなら、このテーマを1つ持っておくだけで時短になりますし、サイトの価値も上げることになります。
これほどコストパフォーマンスの高いテンプレートはなかなかありません。

■14位 LOTUS (TCD039)
デモサイト
エンドユーザーが女性の業界に最適なエステ、スパ、サロン向けテンプレートです。
エレガントで気品のあるデザインが特徴ですね。
女性は美的感覚が男性よりも優れているし、ある意味で視点も男性より繊細です。
せっかく素敵なサロンを経営していてもサイトの見た目が悪いだけで機会損失が大きい業界と言えます。
だからこそサイトも美にこだわる必要性が出てくるわけですね。

■13位 VIEW (TCD032)
デモサイト
ギャラリーサイトやフォトログ、ポートフォリオサイト向けのテンプレートです。
旅行日記などにも使えますね。
ギャラリーサイトはサテライトサイトとしても有効ですし、メインコンテンツがテキストではないので素材さえ揃っていれば、記事を追加していく手間もかかりません。
後は、アフィリエイトサイトとしても有効です。
実際、VIEWを使ってワードプレステーマのギャラリーページを作り、アフィリエイトで稼いでいる人もいます。

■12位 FOCUS(TCD030)
デモサイト
FOCUSはグリッドレイアウトの究極進化版の位置付けのテンプレートです。
とにかく先進的な構造でエッジが効いています。
ブログとしても活用可能で、オシャレなバーやクリエイターブログなどにも相性がいいですね。

■11位 IZM(TCD034)
デモサイト
インパクトの強いインタネットメディア向けテンプレートです。
豊富な情報量もコンパクトにまとめてくれます。
ジャンルが多岐にわたるような大規模なメディアの構築には打ってつけのテーマです。

さて、ここからはベスト10の発表。
いずれも人気で良質なテーマです。

■10位 SWEETY (TCD029)
デモサイト
女性向けのカフェやレストラン向けのテンプレートです。
デザインのコンセプトは一言で言うと「スウィーティ」。
トップページもサイドバーがなく、お店のブランディングを目的とした切り口の導線です。
下記の、食事のメニューを少しでも美味しく見せる為のかわいい写真ギャラリーも効果としては絶大です。

■9位 LUXE (TCD022)
デモサイト
ロングセラーテーマです。
ラグジュアリーホテルをイメージし、デザインされていますが、
実際には一般企業や飲食店など多様な業種で使われています。
日本で最もポピュラーなレイアウトが、高級感のある美しいデザインをまとっていて、なおかつ構築も簡単というのが理由のようです。
決して最先端のレイアウトではありませんが、来年度もまだまだ売れ筋としてランクインするはずです。

■8位 Opinion(TCD018)
デモサイト
大手オンラインメディアのようなサイトが出来上がるテンプレート。
ランキングの常連で有名人まで使っている人気テーマです。
ランクインしたテーマの中では一番古く(2014年リリース)、すでに累計3000ユーザーをこえる超ロングセラーとなっています。

■7位 Precious (TCD019)
デモサイト
EC&コーポレートサイトがドッキングしたテンプレートです。
ショッピングカート機能はないので、ご自身で実装頂く必要がありますが、ワードプレスでECサイトを作りたいという需要が根強いことがわかります。

■6位 ORION (TCD037)
デモサイト
個人的にも大好きなテンプレートです。
まずはヒーローヘッダーに動画が使えること。
「視覚的に訴えかける」為に生まれたと言っても過言ではない、トップページの臨場感。
特にサイトを開いた瞬間の美しさは、もはやコーポレートサイトの領域をはるかに超えた感動を与えることになります。
このファーストインパクトの強みだけでもORIONを利用する価値があります。
さらには、「特別ページ」の完成度。
必要とする情報を入れられるばかりか、スライダーやスペックを整理して収納するタブスペースも完備しています。
まさに死角なしのデザインとなっています。
あなたのビジネスを加速させる為の投資としては絶大すぎるコストパフォマンスになることでしょう。

このブログで利用している「MAG(TCD036)」はこのランキングにはありませんでしたね。

人気のMAGだけに次回発表の上位の中にあることを期待しましょう(笑)

有料のWordPressテーマをご検討されていらっしゃる方のご参考になれば幸いです。

それでは次回の1位~5位発表をお待ち下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です