Count Per Dayを使っていて、国別の訪問者数を表示させる方法

こんにちは。“Wd-Labo”ディレクターのOtsukaです。

今回は、WordPressの解析ができる人気のプラグイン「Count Per Day」をご利用されているクライアント様からのご質問をいただきました。

以前は、国別の訪問者が表示されていましたが現在表示されていません。
どうしたら表示させることができますか?

その回答編です。

Count Per Dayの使い方は⬇

プラグインCount Per Day|アクセス解析に超便利|インストールから使い方

 

国別の訪問者を表示させる方法

とくに難しいことはないようです。

設定方法

設定場所WordPress管理画面 ➡ 設定 ➡ Count Per Day へ移動しましょう。

ツール 項目の下にスクロールすると GeoIP-国別統計 の項目がありますので instaii Geoip addon をクリックしましょう。

▼下記のような項目に変わりますので 過去のカウンターデーターを更新 をクリックして完了です。

以上で、Count Per Dayのページに表示されます。

表示される項目は、国別の訪問者、国別のページプレビュー数とオンライン中の中にも国別のデータが反映されます。

最後に・・

以前は、Count Per Dayをインストールした段階で表示されていましたが、現在は選択するようになっているようですね。

Count Per DayはGoogle Analyticsより見やすいので利用者も多いかと思いますが、削除するBotも忘れずに追加してくださいね。

冒頭ご紹介した使い方の記事に最新の追加するBotを掲載しているので合わせてご利用願います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です