WordPressのPHPバージョンを5.6から7.1に変更してみました【ドメインキング編】

こんにちは。“Wd-Labo”ディレクターのOtsukaです。

このブログは現在WordPressバージョン4.8、PHPバージョン5.6で運営していましたが、最新PHPバージョン7.1が配布され評判も良さそうなので、この度7.1にバージョンアップしてみました。

僕はレンタルサーバーをドメインキングさんを利用しているのでその方法を共有してみたいと思います。

ドメインキングさんの場合「条件が付きます」ので注意が必要です。

無料でバージョンアップできる方
管理画面を「Plesk11」「Plesk12」をご利用の方は無料でできます。

有料になる方
管理画面を「Plesk9」をご利用の方は有料になってしまいます。この場合はドメインキングさんにお問い合わせください。

【ご注意】PHPバージョンを変更すると「データベース接続確立エラー」が起きます!

実際に僕がPHPバージョンを5.6から7.1に変更したら「データベース接続確立エラー」が発生!ビックリして再び5.6に戻しました。そのような経験から一応頭の中に入れておいてください。

▼サイトを開くと・・真っ白!で「データベース接続確立エラー」

▼管理画面(ダッシュボード)に入ると・・

こんな感じでエラーになります。

下記にエラー回避も記しておきますからご心配なく進めてくださいね。

PHPバージョン7.1(7.0)にに変更する手順

▼ 管理画面 にログインしましょう。これが「Plesk12」の管理画面です。

ドメイン をクリックするか右隣の「ホスティングを管理」をクリックします。

▼ ウェブサイトとドメイン をクリックします。

▼ ホスティング設定 をクリックします。

▼PHPバージョンの▼を開き7.1もしくは7.0を選択しOKをクリックします。

これで完了です。

サイトを開いてみましょう。あれっ!「データベース接続確立エラー」になっていると思います。

「データベース接続確立エラー」を修正する方法

ここからはバックアップをしてから自己責任の上で行ってください。

心配な方はサーバーのサポートにやってもらうことをお勧めいたします。

囲サーバーのサポートには、PHPバージョン変更したら「データベース接続確立エラー」になったことを伝えてください。
その上で自分でできないのでやってください!ね。

僕が回避した方法

FTPソフトを立上げ wp-config.php を修正しましょう。

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

の部分を見つけてください。

localhostを書き換えます。

ローカル・ループバック・アドレス:ポート番号を入れますが、サーバーのサポーにお聞きください。
僕の場合は、127.0.0.1:3306でした。

したがって、下記のように書き換えました。

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘127.0.0.1:3306’);

これで、「データベース接続確立エラー」は回避できます。

注意
修正する際は、Windows の “メモ帳” でこのファイルを編集しないでください !
問題なく使えるテキストエディタ(僕はサクラエディタ)を使用し、必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存してください。
なお、サポートされていない古いプラグインを有効化されている場合、デザイン崩れを起こす可能性がありますからご注意くださいませ。

最後に・・

変更後、PHPバージョン7.1のメリットである5系統より約2倍の高速で安全対策が施されているということですがまだ実感として感じてはいません。

計測すれば実際には早くなっているのですが(キャプチャー忘れ)。。

無理に変更する必要はないと思いますが、5.6でも十分かと感じた次第です。

それでは・・また

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です